logo

“Story”を秘めたオリジナルカクテル

ホテルの楽しみ方の一つ、それはそこだけのオリジナルカクテルを味わうこと。
東京ステーションホテルの2つのカクテルには、
ネーミングや素材の組み合わせに物語が込められています。
お仕事帰りやふと日常から離れたいとき
ホテルバーを訪ねてみてはいかがでしょう。

カクテル「東京駅」

その名の通り、駅舎の赤煉瓦色をイメージした一杯。
東京駅開業75周年の際に、東京ステーションホテルの顔ともいえる名物バーテンダー・杉本寿が考案しました。タンカレ ジンの“T”とスーズ リキュールの“S”でTokyo Station、と杉本の遊び心も。そのすっきりとした味わいとStoryから、ホテルで最も人気が高いカクテルです。

料金:1,300円(消費税込み・サービス料別)

カクテル「1915」

東京ステーションホテル開業100周年を記念して誕生。
お客様の投票で選ばれたこの一杯は、日本酒をベースにスミレやココナッツのリキュールを加え、華やかな香りとバランスのとれた甘さ、ホテルロゴカラーの“濃藍色(こいあいいろ)”が印象的です。シグネチャーカクテルとしてホテルと共にあり続けます。

料金:1,300円(消費税込み・サービス料別)

オリジナルカクテルを味わう、2つのバー

バー&カフェ〈カメリア〉
おひとりでもご友人同士でも気軽に立ち寄れるバー&カフェ。
シーズナルカクテルのほか、ボリュームたっぷりのお料理をご用意。
今年は“チーズマニア”と題して、様々なチーズ料理をご案内しています。

バー〈オーク〉
駅舎の赤煉瓦が歴史を感じさせるオーセンティックバー。
バーテンダー厳選のウィスキーや味わいを引き立たせるおつまみをご堪能いただけます。
“旅”をテーマに、スーツケース型のテーブルには駅やホテルに纏わる書籍を忍ばせています。